戦略系コンサルティングとは

実にいろいろな種類があるコンサルティング。
その中でも「戦略系コンサルティング」についてお話してみましょう。

戦略系コンサルティングとは

簡単に言えば「企業の戦略」をサポートするためのコンサルティングです。
経営に関してトップの意思決定に深く関わってくるのがこの仕事。

企業にとって、それまでの経営方針を維持していく「守り」は非常に重要です。
この不景気の時代、新しいことにもどんどん挑戦していかなければ道はありません。
既存のアイディアばかりを模倣する様な企業は、そのまま破綻してしまうというのも容易に考えられます。
だからこそ、しっかりとした戦略系コンサルティングの存在が必要になるのです。

コンサル例として、開発を行っているメーカーの体制の構築。
顧客との関連強化するための戦略。
ある分野における新規参入。
規模が大きいものが多いもの特徴です。

人材育成も請け負っている

この様に、企業にとって非常に大切な部分を担う戦略系コンサルティングは、
その仕事を請け負うための人材育成も徹底しています。
コンサルを請け負う人材は、それを行うための資格は特に必要ありませんが、
それなりに地位や経験のある人から選抜されることが一般的。

企業に対して戦略を与えるには、まず自分が確かな目を持っていなくてはなりません。
だからこそ、きちんとした実績を持つ人から選ばれることが多いのです。
特に、経営学の知識がある人が選ばれることが多いそうで、
この分野のスペシャリストは戦略系コンサルティングとして活躍することも多いです。

チームで業務を行っている

戦略系のサービスでは、企業戦略・経営戦略に関して得意分野にしており、
一人ではなくチームを組んで企業の課題に取り組んでいるとか。

チームとして活動をしますので、円滑な人間関係を築く能力が必要になることはもちろん、
全員で目的に向かっていくことができる様な団結力も必要になりますので、決して簡単なものではありません。
もちろん、これだけで戦略系コンサルティングになることは難しいので、
他の能力に関してもしっかりと磨いていかなくてはなりません。

戦略系コンサルティングは、企業の生命線を担うもの。
それだけに、非常に重要な役割を持ち、プレッシャーも大きいといわれていますが、やりがいは大きいです。
不景気の中で重要な役割を担う戦略系コンサルティング、
今後も業界での位置づけは重要なものになっていくことでしょう。

その重要性は、どんどん深まっていくと思われます。

参考サイト
コンサルティング(ウィキペディア)
コンサルBiz:コンサルティングファームとは