IT系コンサルティングとは

企業がどんどんグローバル化を遂げている現代ですが、それと同時にIT化もかなり進んでいます。
多くの企業がITを取り入れているからこそ、しっかりとしたコンサルティングをしていかなければなりません。

その中で、IT系コンサルティングの活躍の幅は、とても広くなっているといえるのではないでしょうか。
ここで、ITコンサルティングがどんな仕事を請け負っているのかについて述べてみたいと思います。

IT系コンサルティングの仕事とは

IT系コンサルティングの仕事として、まずあげられるのが「大規模システムの導入」です。
企業では、作業を円滑にするために、また必要に迫られて、
大規模なシステムを導入しなければならなくなることがあります。

しかし、大規模なシステムと言っても「どんなシステムを導入すればいいか」
「自分の企業に合ったシステムはどれなのか」
「予算にあったシステムを探したいが、どんなものがいいのかわからない」など、多くの問題点が出てきますよね。

そんな疑問に関して、ひとつひとつ解決に導いていくのがITコンサルティングの仕事です。
ITコンサルティングがアドバイスを行うことで、
予算内で会社にぴったりのシステムを導入することができる、ということですね。

他にも、ITインフラに関しての状況を整えたり、セキュリティを強化したり、
ITコンサルティングがやることは本当にたくさんあるのです。
ITに関する部分は、ほとんど引き受けると言ってもいいのではないでしょうか。

システム開発も行う

また、ITコンサルティングは「開発」も行います。
時代が進むごとに、必要とされるシステムの種類や機能は変化していきますので、
その度に新しいシステムの開発をしていくことは必須。
また、大企業では数年おきにシステムのバージョンアップを行いますし、
また大規模なシステム入れ替えを行うこともありますので、それに沿った開発をしていきます。

開発したものをテストする

それから、開発したシステムのテストをすることも仕事のひとつ。
せっかくシステムを開発しても、それが正しく動かないようなことがあれば困るわけです。

システムトラブルは、そのまま企業のトラブルへと直結する可能性もありますので、
ここはしっかりとテストをして、正しく動くかどうかを調べなくてはなりません。
この「テスト」という作業もITコンサルティングのとても大切な仕事のひとつなのです。

ITコンサルティングの仕事は、決して楽なものではありません。
企業のシステムに関して、長期にわたってみていかなければならないこともある仕事です。
しかし、企業の中枢であるITを管理し、開発する仕事というのは、
非常にやりがいがあり、楽しい仕事のひとつ。

IT業界で仕事をしたいと考えている人にお勧めです。

参考サイト
オールアバウト:コンサルティング業界の構造

リーベル:ITコンサルタントとは