0から学ぶコンサルティング

コンサルティングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
なんとなくなくイメージはあるけど具体的にどういう仕事をしているかわからない。
どういった分野で活躍しているかわからない。
そういった方が多いのではないかと思います。
このサイトではそういったコンサルティングの職務内容や、活躍している分野、コンサルタントの種類など掘り下げて説明させていただきたいと思います。

そもそもコンサルティングとは

コンサルティングとは専門の知識やノウハウを活用して、第三者の立場から現状を分析して問題点の指摘などを行って企業の発展を目指す仕事のことです。
コンサルティングとは専門集団の知識や提案を売り物としており、具体的な内容がわかりにくいのも事実です。
コンサルティングとは具体的にどんなことをする業種なのか、後ほど色々な角度から紹介していきたいと思います。

コンサルティングの業種

コンサルタントの活躍の場は世界中に広がっています。
もともとコンサルティングの概念はアメリカが発祥といわれ、アメリカで発展してきた業種です。
活躍の場は世界中に広がり、外国のコンサルティング会社が日本に支社などを設立している例も多くあります。
コンサルティングは幅広いとともに非常に細分化、断片化された業界でもあります。
さらにコンサルティング業務の範囲拡大にともない、年々サービス領域が重複してきていることも最近の傾向です。
よく○○系コンサルティングという呼び方をします。
これはそのコンサルティングが何を対象としていて企業に何をもたらすかにより、多くの種類があります。
このサイトではそういった各種コンサルティングについても解説すると同時に、その代表的な会社も紹介しています。

コンサルタントの仕事

コンサルタントの仕事が他の職種と大きく違うのはその仕事の取り組み方です。
一般的にコンサルタントはプロジェクトごとにチームを作り役職ごとに分担して仕事に取り掛かります。
例えば情報収集や分析の担当者、クライアントと呼ばれる顧客への提案の構築をする担当者、顧客との交渉を行ったりチームのメンバーのスケジュール管理を行う担当者といった具合です。

コンサルタントになるには

コンサルティングの仕事に興味を持ち、実際に仕事の就きたいと考えたとき、まず何をすべきでしょうか。
もちろん分野や職種によってコンサルタントに求められる知識もそれぞれ違います。
勉強熱心であることや、社会情勢に敏感であることはもちろん必要です。
しかし、それだけでなく多角的なものの見方であったり、プロジェクトに対する企画力なども重要なことです。
コンサルティングという仕事を知るとともにそこで求められる資質についても、確認しておきましょう。